いちごのおいしい食べ方は?保存方法は?イチ押しは「さんたファーム」の真っ赤ないちご【産地取材】

老若男女に愛される主役フルーツ「いちご」。真っ赤な甘~い実にかぶりつくとハッピーな気分になれますよね!
今回は、いちごのおいしい食べ方や保存方法、さらにグリーンビーンズが自信を持っておすすめする「さんたファーム」のいちごをご紹介します。

本記事でご紹介した商品はこちら
商品を見る

いちごをおいしく食べるには?

いちごは置いておいても甘くならない

いちごを数日置いていたら、味が落ちてしまったことはありませんか?それもそのはず、バナナや柿など、しばらく待つ(追熟させる)と甘味が増すフルーツもありますが、いちごは違うのです。

買ったらなるべく早く召し上がれ

さらに実が柔らかい分傷みやすいこともあり、いちごは買ったら冷蔵庫に入れ、なるべく早く食べるのが基本!食べる直前にヘタがついたままさっと洗って、水分をやさしく取るのがおすすめですよ。

新鮮ないちごの目印はコレ!

ぜひフレッシュな状態で味わいたいいちご。新鮮なものは、実の表面にツヤッと光沢があり、ヘタの緑が鮮やかで反り返っていることが多いですよ。

さんたファームの「こだわりいちご」がイチ押し!

宝石のように真っ赤ないちご

これからの時期、イチ押しはさんたファームの「こだわりいちご」。まるで宝石のようにつややかで真っ赤に実ったいちごです。柔らかな果肉とあふれる果汁、ほとんど酸味を感じないほどの甘さが魅力。色鮮やかな「紅ほっぺ」と、上品な甘さの「かおり野」をリレーしながらご提供します。

また、さんたファームでは特別栽培農産物として、地域の慣行レベルより対象農薬や化学肥料を控えた栽培を行っています。

またとない好立地が鮮度のカギ

グリーンビーンズの大型倉庫「誉田CFC」

そんな「こだわりいちご」をおいしい状態でお届けできる理由の一つが“立地”です。さんたファームのハウスからグリーンビーンズの誉田CFCまでは、車でわずか10分の好立地。だからこそ、真っ赤に熟したいちごをフレッシュなままお届けできるのです。

グリーンビーンズの果実バイヤーからはこんな声も。
「立地の良さはもちろん、他の商品と大きく違うのがお届けの経路。実は、ハウスから誉田CFCまでさんたファームさんご自身で持ってきてくださっているんです。そして、到着後はグリーンビーンズにバトンタッチ。低温をキープしながら、1パックずつ目利きしてグリーンビーンズのドライバーが大切に配送します。
おいしい状態でお届けできるよう、さんたファームさんと力を合わせてベストを尽くしています!」

千葉市食のブランド「千」にも認定

「こだわりいちご」は、千年後の豊かな千葉市を目指す食のブランド「千(せん)」の第1回認定品。グリーンビーンズにオープンした「千」のショップでも販売されています。

「千」ショップはこちら
商品を見る

さんたファームを産地取材!

そんな「こだわりいちご」の魅力をもっと深掘りするため、編集部が産地を取材させていただきました。

お話を伺ったのは株式会社さんたファームの篠崎俊介さん。収穫真っ只中のお忙しいなか取材を受けてくださいました。
メンバーは社員・パートの方合わせて6名。約4,000㎡のハウスで、販売用の栽培のほか完全予約制のいちご狩りも行っているそうです。

早速この日収穫したいちごを見せていただくと、びっくりするほど真っ赤でつややか。なぜこんなに真っ赤ないちごができるのか、篠崎さんにインタビューしてヒミツを探ります!

真っ赤ないちごが届く3つの理由

ギリギリまで待って大切に収穫

――まずは、真っ赤な実と甘さにとても驚きました!かなり熟してから収穫しているんですね。

「いちごは熟すほど柔らかくなるので、ここまで真っ赤なものは収穫が難しいんですけどね。お客さんに喜んでほしいという一心で、スタッフの技術向上も含めこだわっています。」

たしかに、指で少し押すだけで表面にあとがつきそうなほど。甘くて真っ赤ないちごはこんなにも繊細なんですね。

収穫を行うスタッフさん。ていねいに、かつ手際よくいちごを摘み取り、重ならないよう優しく箱に置いていく様子が印象的です。

柔らかいからこそ包装もていねいに

――熟した柔らかいいちごをお客さまに届けるため、他にもこだわりはありますか?

「収穫した後もいちごを大切に扱うよう気を付けています。特にこだわっているのはパッケージ。お届けまでおいしい状態をキープできるよう、なるべくいちごに負荷がかかりにくいものを厳選して使っていますね。」

おいしさを支える綿密なデータ農業

――ところで、時々自動的に天井からミストが降ったり、ライトがいっせいに灯ったり…これってどんな仕組みなんですか?

篠崎さん「実は、太陽の光やハウスの温度・湿度・水分など…いちごにストレスをかけないために必要なあらゆる数値をデータ化して、ハウス内の環境を調整しているんです。
もともとIT業界出身で、その知識や経験を応用していて、スマホでも数値を確認できますよ!」

いちごのおいしさをITスキルが支えているなんて…綿密なデータ分析があるからこそ、雑味のない優しい味わいになるのですね。

筒状の装置がセンサーの一つ。ほかにも無数のセンサーが張り巡らされているそうです。

「甘っ!」と驚くいちごを召し上がれ

思わず「甘っ!」と声がもれるほどのおいしさの裏には、その名の通り「こだわり」がたっぷり詰まっていました。ぜひ、真っ赤に熟したいちごをそのままガブリと頬張ってみてくださいね。

本記事でご紹介した商品はこちら
商品を見る

いちごフェア開催中!

さらに、いちご好き必見!グリーンビーンズの「いちごフェア」も開催中です。今回ご紹介した「こだわりいちご」をはじめ、スイーツにドリンク、ジャム、お子さまやペット向けの商品まで、多彩ないちごアイテムがそろっていますよ。

いちごフェアはこちら
商品を見る
TwitterFaceBookLINE